最近の記事

2014年09月05日

テニス

スタニスラス・ワウリンカ(スイス)のフォアハンドがネットに掛かると、錦織は握り拳を作り、“どうだ”という顔で勝利の味を噛みしめた。

 午後3時過ぎの試合開始から、4時間15分。スタジアムの上に広がっていた爽やかな秋空は、とうに薄墨色になり、照明灯がコートを昼間と変わらぬ明るさに保っていた。

 錦織がまたも日本テニスの歴史を塗り替えた。全米で日本男子が4強に入るのは、1918年の熊谷一弥以来96年ぶりの快挙だ。
tsukasanikki.jpg

heder-item03.jpg




posted by TSUKASA at 13:32 | 大阪 ☁ | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。